運輸安全マネジメント


※月ごとの事故件数につきましては下記をご覧ください。



1.輸送の安全に関する基本方針

法令を尊守し全従業員が常に輸送の安全の確保と向上に努める。
社長および役員は、輸送の安全確保が業務の基本であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果す。
また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるとともに現場の状況を十分に踏まえ、全従業員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底する。
輸送の安全に関する計画の策定、実施、監査、改善を実行するとともに安全対策を常に見直し全従業員が心を一つにして業務を遂行し、輸送の安全の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報を積極的に公表する。

2.輸送の安全に関する目標及び達成状況

安全1課

安全2課

3.自動車事故報告規則第2条(重大事故)に規定する事故に関する統計

    基本方針
    平成26年度 当該事故なし
    平成27年度 当該事故なし
    平成28年度 当該事故なし
    平成29年度 当該事故1件

4.輸送の安全に対する組織体制及び指揮系統

5.安全統括管理者

    安全統括管理者  代表取締役社長 石井 幹雄

6.運輸の安全に関する重点事項

    ・輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全理規程に定められた事項を遵守する。
    ・輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努める。
    ・輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置をとる。
    ・輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有する。
    ・輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施する。

7.輸送の安全に関する計画

<安全方針6カ条>
    安全管理体制の構築
    安全マネジメントプロジェクトを展開し事故防止に取り組む。
    ヒヤリハット体験を集積し事故防止に活用する。
    春・秋 全国交通安全運動に協力する。
    事故報告書を公表し、事故惹起者と共にチーム単位で原因の追究と 再発防止を検討する。
    無事故表彰を行う(1回/年)。
運行管理体制の充実
    月の第1週、第3週の月、火曜日を安全日とし点呼時に安全方針6ヶ条を唱和する。
    点呼時にスタンダードマニュアル77を唱和する。
    アルコールチェックを行う(全乗務員:出庫時 帰庫時:随時)。
    運転中の携帯電話の使用禁止を徹底する。
    車内喫煙の禁止を徹底する(全車輌)。
    勤務データ一覧表により勤務時間をチェックし過重労働を防ぐ。
    乗務員とのコミュニケーションの充実により乗務員の心身の状態を 把握し事故を未然に防ぐ。
    適性診断結果及び定期健康診断結果に基づき、個人面談と適切な対応を行う。
車両整備の徹底
    車輌の日常点検を確実に実施する
    車検・法定点検を確実に実施する。
教育及び研修の強化
    安全マネジメントリーダ会議(場合によりNASVA出席、1回/月)を 実施する。
    現任乗務員教育会(乗務員全員1回/月)を実施する。
    全体会議(乗務員主任参加 1回/月)を実施する。
    事故防止委員会(事故惹起者参加 1回/月)を実施する。
    新人乗務員研修会(随時)を実施する。
    セフティドライバー・コンテストに参加する。
    道路交通違反者研修会(1回/6ヶ月)を実施する。
    観光乗務員研修制度実施。
安全運転支援ツールの活用
    デジタルメータ(デジタコ、自動日報)の活用
    最高速度,休憩時間,連続走行時間,安全総合評価,営業区域を確認し個別指導を行う。
    ドライブレコーダの活用
    随時チェックし記録をもとに法令尊守の個別指導を行う。
    事故記録を公開し事故防止に役立てる。
    カーナビ(タブレット)の活用
    カーナビ(タブレット)の操作に習熟し、確実で安全なコースの選定を行い事故防止に役立てる。
    事故および事故防止の確実な情報伝達
    掲示板を事務所、休憩室の2ヶ所に設置し情報の公開、確実な伝達 をはかる。
    事故報告書を休憩室に設置し乗務員全員が閲覧できるようにし、各 自の事故防止に役立てる。
    課別、チーム別に事故件数の速報を掲示板に掲示し事故防止の意識 を高める。
    点呼時に安全マネジメントに関する情報を伝達し確認をはかる。
    現任乗務員研修会にて安全マネジメントに関する情報を伝達し確認 をはかる。

8.安全管理規定

    安全管理規定については、こちらをご覧ください。

9.輸送の安全に関する内部監査と結果及び措置内容

    年に1度、内部監査を実施する。
    監査終了後、見直す点があれば適正な是正措置及び予防措置を検討し監査報告書を作成する。
    安全統括管理者は、監査報告書をもとに社長に報告する。
    安全マネジメントプロジェクトは監査報告書をもとに具体的な実行計画を作成し次年度に盛り込む。

10.Lプロジェクト・キックオフミーティングについて

◆Lプロジェクト
    上記安全マネジメントを実行する目的で、2007年12月にLプロジェクトを発足いたしました。 また、2008年より年2回Lプロジェクトキックオフミーティングを開催し、全職員・全乗務員で事故原因を究明、その年の事故防止目標を定めこれを実行いたします。 過去のLプロジェクトによる事故につきましては、以下の資料をご覧ください。

◆2018年Lプロジェクトキックオフミーティング
    会社使命である「快適で安心・安全な輸送」を目標に安全マネジメントに取組んでまいりました。2017年は事故発生件数は2016年の93件を2件下回った91件でしたが、稼働率の関係で事故発生率では上回ってしまいました。取り組みの成果は、上半期無事故5チーム、下半期無事故4チーム、年間無事故は2チームでした。
    ふり返りでは、重大事故を含む3件の事故映像から防止の為の分析を行うとともに、一人ひとりが自分の1年間をふり返って事故抑止目標を決めました。社長からは、「重大事故の発生を教訓にするとともに、皆さんは「自分で決断するチャンス」や「自分を変えるチャンス」がたくさんあり、「自分で決断する自由」、「自分で変える自由」がいくらでもある。安心・安全を確実にする為に今日から一丸となって頑張ろう。」と言う発言が有り、これを目標にして東京一安全なタクシーを目指してまいります。